●FGFピックアップアイテム

 バナーをクリックまたはタップする事でそれぞれのページに進めます

 ※各ページへは2017年7月23日(日)18時ごろより進める様になります 


フルグラフィックファクトリーは安価で高品質なフルグラフィック Tシャツの作成をご提案します 


フルグラッフィクファクトリーでは、昇華プリント技術を用いることによりイラストや画像、写真等をフルカラープリントいたします。

インクジェットによるプリントをするから版を作成する必要がなく、コストを抑えたうえでの少数ロットのご注文も対応可能。そのためサンプル1点ですら4000円からのハイコストパフォーマンス。

 いわゆる同人アイテムはもちろんの事、ユニフォームやイベントTシャツとしてもご利用いただけます。

 ご不明な点等ございましたら、『問い合わせ』よりお気軽にご相談ください。

公式ツイッターでも情報発信中!ぜひフォローをお願いします!



Full Graphic Factoryの製品をご紹介します

 

◆実際の商品画像

画像はRUN.CLIMB.RIDEの吉田竜弥氏より実際にご注文をいただき、納品させていただいた商品です。

プリントが各部位(前後身ごろ、左右の袖、襟口)ごとに別れているため、部位ごとにデザインや配色を変えるなどした楽しみ方も可能です。(掲載許可取得済)

  ※デザインテンプレートは本ページ下部よりダウンロードいただけます

 

  「RUN.CLIMB.RIDE」とのオリジナルコラボTシャツのお買い求めはコチラ!

◆生地の比較画像

●スリックタイプ生地

伸縮性があり、つるつるとした肌ざわりからくる着心地の良さが特徴。インクの発色も綺麗です。

ただし吸水性が弱く、夏場やスポーツ時の使用には向きません。


●メッシュタイプ生地

速乾性生地なので汗をよく吸い、早くに乾くためオールシーズンで着用できます。

スポーツユニフォームの他、イベントスタッフやチームのTシャツ、夏場のパジャマとしても使えます。

生地に速乾加工がされているため微小なハニカム状の跡がありますが、プリントの出来栄えに遜色はございません。

画像提供はイラストレーターの左折先生です。左折先生の情報はコチラ


◆価格表&サイズ表

クリック(タップ)で拡大表示されます


※消費税は別途頂戴いたします(2017年内はキャンペーン期間中につき免除)

※生地の素材はポリエステルです。

納期は作成代金のお支払日より約2週間となります。

※大量ロットの場合はご相談ください。価格・納期などをご相談させていただきます。
※グッズ製作・サンプル制作ともに各約2週間ほどのお時間をいただいております。余裕をもってのご入稿をお願いいたします。

※送料はサービスさせていただきます。ただし離島等の場合は別途ご連絡させて頂く場合がございます。

※商品は中国の契約工場で生産し、検品・発送は日本国内よりさせていただきます。

※大きな為替の変動で価格が変わることがございます。1か月以上前の価格表はお問い合わせください。


◆デザインにおける諸注意

・デザインはお客様の方で作成していただきます。ページ下部にテンプレートがございますので活用して下さい(各サイズ共通)。

・Tシャツは5点のパーツから構成されます。デザイン上、パーツをまたいで画像や柄・模様などを配置をした場合、縫製の都合上一致は難しいものとお考えください(下図参照)。

・入稿後の修正作業全般は行っておりません。また発注確定後(製造中)のデザインの変更・差し替えはできませんのでご注意下さい。

・データは解像度300dpi以上(350dpiもあれば十分です)、カラーモードはCMYKでお願いします。

・入稿時のファイル形式はPSD、Ai、JPEG、PNGのいずれか4種よりお願いします。

・お使いのモニターで表示された色味と印刷したときの色とでは発色方法が異なるため色合いに多少の差異が生じる事があります。

・著作権や肖像権の他、公序良俗に反する事案が認められた場合は即時製造中止の措置をとらせていただく場合があります。

・これらに起因した問題について一切の責務を負いかねます。

デザインのポイント

図解の様に表身頃と裏見頃で図柄がまたぐ際はどちらかを左右反転させる必要があります。また両身頃に同じ様にロゴや図柄を配置して、そのまま反転させたまま入稿・・・という事がない様に注意してください。

 

また、パーツをまたいで画像や柄・模様・グラデーションを配置する場合は縫製の都合上ぴたりと一致させる事が難しいです。なるべく影響の出ない(または目立たない)様なデザインにする事をお奨します。





【重要】 PNG形式のテンプレートについて

PNG形式のテンプレートのカラーモードは『RGB』になっています。

入稿の際はこのカラーモードを必ず『CMYK』に変えてから入稿して下さい。